FC2ブログ

梅「南高」の収穫が始まりました。

南高梅の収穫が始まり、梅干しの漬け込みも本番です。
収穫の時を迎えた「南高梅」
 今年も、梅干し造りの本番となる「南高梅」の収穫が始まりました。上記画像のように、おかげさまで立派に生育した果実を収穫できそうです。
 
 梅の果実はほぼ完熟の状態で、我が家で栽培する「すもも」のようなあまーい香りがしています。
 果実は、一つ一つていねいに収穫し、水洗いした後、上質の塩で漬けこみします。
 
 同時に紫蘇の刈り取り、漬け込みを行っています。
 これから暑い夏を過ぎ、秋を迎えるまで、梅干し造りは続きます。
 
 そんな我が家にお立ち寄りください!
スポンサーサイト



ご注文予約受付中。「すもも狩り」もどうぞ!

「すもも」の旬のおいしさをぜひお楽しみください!8月中まで。
これは「大山早生」、あまくてジューシーな美味みです

 毎年この時期、ご家族やお友達と旬の味覚「すもも」をお楽しみ頂いております。
 今年も、「大石早生」という品種から始まり、「大山早生」(7月上旬)「ソルダム」(7月上旬~中旬)紅さゆり(7月中旬~7月末)「太陽」(8月上旬~中旬)と続きます。
 「すもも」は旬の《くだもの》であることから収穫時期が短期間です。できるだけ早めのご注文予約の連絡を下さいませ。
 お待ちしています。

紫蘇の刈り取り始りました

紫蘇が生育し、刈り取りを始めました。

 梅雨も本番です。
 そんな中、梅の収穫に続いて紫蘇も生育し、刈り取りが始まりました。
 もちろん、この紫蘇は梅干し造りに欠かせないものです。
  

紫蘇の葉は、とてもきれいな光沢です
我が家の梅干しは、梅と紫蘇を自家栽培で生産し、お客様に安心して食べてもらえるように、「信頼と品質」の梅干し造りをしています。

 よって、梅の収穫とほぼ同時に紫蘇の刈り取りと漬け込みを行います。
 この紫蘇は、ご家庭で梅干し造りをされる方向けに、「もみしそ」として販売もしています。
 お求めの方は、お電話やFAXなどでご連絡ください。

 すももは、6月末からです。

梅酒やカリカリ梅用の収穫、始まりました

今年も、あるいは今年こそは、「我が家の梅酒づくり」しましょ。

この光沢と果汁エキスが豊富な品種の鴬宿梅

 このきれいな光沢と、果汁エキスが豊富に含まれているのが特徴の「鴬宿梅」の収穫が始まりました。
 この品種の特性を生かして、梅酒やかりかり梅などによく利用されています。
 もちろん、それ以外にもいろいろこの「梅」の特性を生かした
食べ物づくりにチャレンジ!
 果実は、1週間足らずで収穫が終わりますので、必要な方は早速、電話やFaxなどでご注文下さい。宅配便にて発送致します。