FC2ブログ

ここ数日で、こんなに・・・梅!

「梅、しっかり生育中」

 4月中旬から、一気に夏らしくなりました。
 特に、風の強い日や温度の高い日、あるいは雨もよく降りますが、また天気予報が当らないことも困ります。
 こんな天候こそ、夏の訪れでしょうか。
 
 さて、そんな天候の中でも、梅の果実はしっかりと生育しています。
 特に、2日前の雨で、一段と大きくなった気がします。
 
 下記の画像は、そんな様子を、本日撮影したものです。(収穫予定は5月下旬より)
 ume seiikuchu
 これからも、さらに大きく生育しますよ。
 おたのしみに!していてください。
スポンサーサイト



ひと粒の種から・・・生育してます

ひと粒の紫蘇の種から、芽が出て、こんなに大きくなりました。

ひと粒の種が、こんなに
 ほんの小さなひと粒の紫蘇の種から、芽が出て大きく生育してます。
 もう少し大きく生育したら、畑に苗を植え付けます。

 我が家の梅干し造りの原料は、「梅」に「紫蘇」です。そして「海からしか採れない塩」。
そのうち、「梅」と「紫蘇」は我が家で栽培(育て)します。

 その為、この紫蘇の生育はとても大切です。
 「紫蘇の苗さん、もっともっと丈夫に大きく育ってください・・・」(祈り)
 

「すももの花」が満開です!

我が家は、甘ーい香りに包まれています。

 満開ですよ

 我が家では、数種類のすももを栽培しています。
 その為、それぞれの品種ごとに、順にすももの樹が開花していき、ちょうど今は「太陽(品種)」の花がほぼ満開を迎えています。
 
 すもも畑(農園)は、我が家に隣接しているため、これから約1週間はすももの甘ーい香りに包まれます。
 このすももの花は、梅に比べると、かなり香りが強いのが特徴です。

 農作業は、早速、こうして満開を迎えたときにあわせて、授粉作業を行わなければなりません。
 この作業は、すももの花が確実に受精しておいしい果実に生育してもらえるように、願いを込めて作業します。

 とにかく開花にあわせて速やかに、そして、晴天の日を選び行わなければなりません。まさにタイミングが大切なのです。

 ほんとうに本当に、今年も甘くておいしい「すもも」の果実をお届けしたいものです・・・。