FC2ブログ

いよいよ、「梅の収穫の時」になりました

たわわに実った「梅」
 おかげさまで、梅の果実がこんなに大きくなりました。
 この上の写真は、ただ今の小梅の生育状況です。
 この梅は、小梅(七折小梅)で用途は梅干し造り用になります。
 
 この果実が黄色く熟した様子が、まさに収穫の時期を迎えたことを伝えるシグナルですが、
完熟度を徹底するため、果実が完熟して地面に落下した後、収穫していきます。

 この梅の収穫始りに伴い、いよいよ本当に、さらに忙しい夏が来たことを知らされます。
 おいしい商品づくりをさらに探求するため、がんばります。
 「がんばろう!日本」

 
スポンサーサイト



恒例の日田川開き観光祭、見事な「花火」が見れました

大きな音を立てて打ち上げられる、花火
 大分県日田市が、毎年5月に開催する、恒例の川開き観光祭が、今年も22日~23日の二日間開催されました。
 まつりの目玉は、何といっても花火です。
 二日間にかけて、打ち上げ花火と仕掛け花火が、あわせて1万発打ち上げられます。
 
 この画像は打ち上げ花火で、大きな音をたてて勢いよく打ちあがるのがとても魅力的です。

見事に打ち上げられる花火
 もちろん、花火の大小、赤や青、緑や紫など色合いも楽しみですね。
 この祭りにあわせて、九州各地より多くの観光客が訪れますが、今年は比較的雨の影響も少なかったことから、まつり開催でも大きな影響を受けず、良かったです。

 なんといっても花火は、多くのお客様が十分に楽しまれたことと思います。
 

テーマ : 大分県情報 - ジャンル : 地域情報

梅の生育にあわせて、紫蘇の苗を植えました


育苗した苗の様子
 我が家の梅干し造りの原料は、梅・紫蘇・塩の3種のみで、いっさい添加物や保存料、もちろん着色はしておりません。

 その数少ない原料である梅と紫蘇も、我が家で栽培から生産までを行います。

 その為、今年も初春に紫蘇の種まきをしました。

 その紫蘇もこんなに生育し、ようやく畑に植え付けです。

ひと苗一苗、紫蘇を植付けます

 ひと苗一苗を、全て手作業で植え付けていきます。
 もちろん、広ーい畑に植え付けることから、多くの方に手伝っていただいて、作業を行います。
 
 おかげさまで、5月上旬に植え付け作業を終了することができました。

 今年も農繁期に入って、順調に作業工程をこなせています。
 
 これもお客様をはじめ、我が家の農作業を手伝っていただく方々、その他多くの方々に”感謝”です。

 本当にありがとうございます。